まだまだ暑い日が続く夏真っ盛り!

甲子園も始まりましたね。

いつもは両親が出身ということもあり、

九州勢を陰ながら応援してるのですが、

今年は京都大会で娘の高校の対戦相手でもあった

京都代表にがんばってほしいなぁと

楽しみにしています。

 

と、まだ夏はこれからですが、

我が家の「夏」はひと通り終わりました。

 

娘は野球部の応援、演奏会、

全日本中学女子軟式野球大会開会式演奏と

7月を終え、8月、

4日5日大学入試。

6日最後のコンクール。

 

コンクールは銀賞という結果でしたが、

たくさん悩んで、

肉体的にも精神的にも

しんどい思いをしていた娘が

「楽しい演奏やった。悔いはない」と

ふっきれた様子で、

同じパートの子たちも

「やりきりました!」と

笑顔だったのが印象的でした。

全体的な出来栄えとしては

評価通りでしょうし、

コンクールで求めるバランスでは

なかったかもしれませんが、

よくがんばったパーカッション!と

感じた演奏でした。

 

悔いを残さないこと。

自分の力を発揮すること。

娘に望んでいたことを

きっちりこなしてくれました。

 

入試結果はまだ先ですが、

いい結果であることを祈るばかりです。

 

 

息子は7月。

21日部活での地区大会。

22日拳法の全国大会予選。

26日部活での府大会。

 

これまで習い事としていた水泳を

部活で本格的に始めた息子。

小学校3年生から週1、1時間。

泳げない私が運動音痴の息子に

せめて25mは泳げるように、と

始めさせたのです。

それが楽しかったらしく、

中学校も水泳部がある学校で

選びました。

 

結構根気よくスイミング続けたなぁと

思っていたのですが、

入部してびっくり。

「小学校3年生から週1、1時間。」

って、真剣に水泳に取り組んでいる子からしたら、

ほぼ素人みたいなもんでした(笑)

 

そんな中、地区大会に選抜され、

府大会も制限タイムを切れば

出場させてもらえるところまできて、

がんばりました。

5日間で14秒も縮めて(゚д゚)!

 

「府大会に出る」がこの夏の

目標だったので、

順位はなんであれ、

目標は達成!!!

明日は先輩の近畿大会を応援に

行くそうです。

いつか応援される側になるといいな、と

新たな目標を掲げていました。

 

部活で毎日5〜10キロ泳ぐそうですが、

その中で休日と平日の都合があうときは

拳法に通っています。

体力すごいな…

先日の予選もハードスケジュールの中参加。

個人の入賞は逃しましたが、

団体は3位。

暑い中がんばりました!

 

 

と、まぁ、子どもが生きがいなので

子どもの話は止まらないんですが(笑)

 

ここで気づいてほしいのが、

このバラバラに忙しい子どもたちを

スケジューリングして送り出して、

会社員でありながら追っかけしている

私。

 

土曜日日曜日も祝日もあったもんじゃない。

4月から毎日毎日お弁当!

平日は4つ。

そのうち3つは800mlを超える大容量。

メニューがかぶらないように、と

4月から写真を撮っていたのですが、

もう、そんな余裕もなし(笑)

 

特に夏休みはスケジュールバラバラなので

数が増えたり減ったり。

出る時間も毎日違う。

 

子どもも主人も

それぞれ休みの日は遅くまで寝てるけど、

私は誰かのために寝てられない!

 

先日、半月遅れで主人が

誕生日プレゼント何かいらん?って

聞いてくれたので

「1週間でいいから弁当づくりを代わって」

って言ったらスルーされました…

 

他に私が今ほしいのは

「朝8時まで寝ていられる権利」です。

 

 

そして、この「夏」の間、

複数体のオーダーフィギュアのご依頼も

何件かいただきました。

こちらは後々ご依頼主さまに

許可をいただいて紹介したいと思います。

 

 

なかなかにハードな毎日でしたが、

とりあえずひと段落。

せめてお盆はゆっくりして、

来月の出店に向けて在庫づくりに

勤しみたいと思います。

 

これ、読む方いるのかな?(笑)

長々と失礼いたしました!!

昨夜まとめて部活のプリントを娘から受け取り、
その中に卒部に向けての原稿依頼書が紛れてて…
これ、親に渡すヤツちゃうし…と思いながら、
ああ、ついにこれを娘が書くのか
と、寂しい気分でした。

 

中学高校と娘の所属している吹奏楽部の
保護者会広報として委員をして6年目。

去年は委員長をしていて、結構忙しかったけど、
今年は部活も9月には終わるし、
委員としてもオブザーバーみたいな感じで
ちょっと気が抜けてます。

 

この依頼書も先日の委員会で
自ら封入したものなんです(笑)


毎年卒業する高校3年生が、
「辛かったけど楽しかった」のような
文章を寄稿してくれるのを、
ぼんやり寂しいなぁと思いながら
読んで校正して、ってしてたのが、
いよいよ当事者になってしまいました…

 

娘の部活を通して、私自身が
本当にいろんなことを経験しました。


何より演奏会を追っかけして、
娘の姿をみて、嬉しかったし誇らしかったし、
本当に楽しみでした。


それも6日のコンクールで一区切り。

 

娘自体はサポートとしてですが、
9月のマーチングコンテストに向けて、
まだ合宿も部活もありますが、
私が今度娘の演奏を観れるのは
3月末の定期演奏会。

本当、寂しい。


と、昨夜依頼書見てひとりしんみりしてました。

 

が、

 

実は明日明後日はそんな娘のAO入試。

 

今朝「明日何時に出るの?」と聞くと
「何時かな〜」と間抜けた返事…
緊張感なさすぎ…

 

5月から志望学科の3回講座のイベントに参加していて、
「4回目やと思っておいで〜」って言われてる、とのこと。
高1からオーキャン、体験入学を行き倒しているので、
すっかり顔も名前も学科の先生や生徒さんに
覚えられてるのもあって、
緊張より皆さんに会える楽しみの方が大きいようです。

 

そのぐらいの方が変に緊張するよりはいいんですが。


親の方が緊張する(笑)
何せ、先日の三者面談で担任の先生に
「うちの学校から、この大学のAO受けて
落ちた生徒はいない」
と言われてるので…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


とはいえ、
2日間入試、コンクールと続くので、
どれも悔いが残らないように
サポートしてやれたらいいなぁと思います。

 

がんばれ!娘!

毎日毎日毎日暑いですね…

 

連日学校行事等での熱中症による

救急搬送がニュースになっています。

娘もこの炎天下の中で、

9月のコンテストに向けて

屋外で部活の練習しています。

後輩を見ている立場なので、

気を配って無理させないように

しているらしいのですが、

母はビミョーに体力のない娘本人も心配です。

 

息子は屋内プールでの部活なので、

その点では安心ですが、

明日彼にとって2回目の公式戦が

屋上プール…

 

応援に行く気満々だったんですが、

昨日、応援入場不可とお達しが…

母は残念で仕方ないですが、

なんとかベストを尽くしてくれるよう

祈っておきます。

 

 

そんな息子が大好きな

「はたらく細胞」が今月から

アニメ化されて放送中です!

 

で、アニメが面白いな〜

って書こうと思ったら、JUGEMお題

好きな「アニメ」なんかある?

があったので、のっかってみました!

 

きっかけは何だったか

覚えていませんが、

小学生だった息子と本屋さんで

コミックスを探した記憶があります。

 

息子は本当にくり返し読んでて、

私も設定も絵柄も好きなので、

とっても面白く読ませてもらってます!

 

コミックスで読んでて、

場所(体内だけど)の空間表現とか、

キャラクターの設定とか

アニメで見たいなーと思っていたので、

実現されて嬉しいです^^

 

このアニメに関しては

原作に忠実なのは大事ですが、

ちょっと補完しながら、

娯楽アニメと教養アニメの間をいってほしい!

身体のつくりや仕組みに興味を持つきっかけに

とってもなると思うんです。

 

が、アニメみたら、

結構、血(?)しぶきが(笑)

赤じゃなくていいんじゃない…

 

白い白血球くんが赤くなっていくところに

美しさもあるんですが。

うむ…

小さい子は見たらあかんやつなんかな…

 

とりあえず白血球くん、好きなので。

読みだした2016年の秋に

ipadで落書きしたものですが。

今度はマクロファージちゃんを描こう^^

 

今後も楽しみです!!
 

行き場がないので聞いてください(笑)


息子の学校で、水泳大会がありました。
なんと、個人種目で1位をとりました!
さらに大会新記録だったそうで、
嬉しそうに表彰状を2枚持って帰ってきました^^


息子は水泳部で、部活内に同じ学年には
京都で1番の子や速い子が何人もいるんですが、
運よく別種目!
多分今回が最初で最後に
なりそうなので、自慢しときます!


プールを廃止する学校も多い中、
クラス対抗水泳大会で
子どもたちが団結するのは
ステキだと思います!


私みたいにプールが嫌で、
中学生時代3年間で2回しか
プールに入らなかった者には
想像つかないですが(笑)


素直で一所懸命な子が多くて、
尚且つ自立してるというか、
学校のスタイルもあると思いますが、
小学生の時の塾の先生が
おっしゃっていた通りの校風で
いい環境だと思っています。

 


息子の学校、いろいろ面白いんですが、
学校見学のときに色々驚いた中に
美術がありました。


生徒の作品が展示されてたのですが、
美術部の作品かと思ったら、
授業での作品だとか。
授業でやってるのに、妙にレベルが高い。
決して必修教科が緩いわけではないのに、
こんな作品作る時間あるの?
って印象でした。


入学して納得。


美術の保護者向けのプリントに、
学校での美術の位置づけ、
教科の先生の意気込み。
他の保護者さんはどう感じたか
わかりませんが、
美術を専攻してきた私には
この環境に息子を置ける!と
嬉しく思いました。


実際授業でも、
1学期からデッサンやってます。
美術系大学の1年生か(笑)
いえ、中学1年生です。
絵を描くのが好きな息子は
とても授業が楽しいそうです^^


驚いたのは期末テスト。
記述の範囲は「仏教美術」。
(学校は無宗教です)


テスト資料みると、
私が美術高校1年のときに
教えてもらったくらいの
コアな内容(まだ当時の資料あります)。
これ中1の美術か…?
しかも仏教系学校の姉(娘)も
知らないようなことも色々(笑)
テスト回答には「降三世明王」の文字も。


そして、記述の後にデッサン!
実技です!!!


イマドキはそんな感じなんでしょうか?
娘の学校では少なくともなかったですが…


息子は用意していた鉛筆が折れて、
シャーペンで挑んだそうですが、
まずまずの評価を貰えました^^

 


音楽は授業参観で見ましたが、
とても楽しく、内容の濃い授業でした。


技術は今は立体視。
平面図、立面図、側面図など。


体育は1学期は前述の水泳がメイン。

 


自分が30年以上前に受けた授業と
違うのはもちろんですが、
割と近くで娘の学校生活も
知っているだけに、
副教科がすごく充実していて、
ただ勉強するだけ、と違って、
実感を伴う、というか
クラスづくりや必須教科に
繋がっていく構造になってるのが
面白いと思っています。

 


前述の塾の先生と
志望校の相談をしていた時、
先生にこちらが提案する学校は
どれも「う〜ん」という感じでした。
理由は、
「進学率を上げたがっている学校は、
詰め込みと、そのため
授業内でできない演習を
すべて宿題でまかなう。
なので、大量の宿題が出されて、
ただそれをこなすだけになってしまうし、
できなければ落ちこぼれていく。」
(上の子で大いに実感)
「(息子)の性分でいくと、
そういう学校は合わないし、
個性を潰してしまうと思う」
とおっしゃってました。


今の学校は、息子が学校見学の際に、
プールに一目ぼれだったのですが、
学力的にも経済的にも無理だなぁと
思いながら、塾の先生に相談したところ、
「すごくいいと思います!」
と言われてビックリしました(笑)
「おじいちゃんおばあちゃんに
援助してもらったりでも」
とまで言われ(笑)


結果、入学して、
ここでたくさん書いたにもかかわらず、
まだまだ書きたいくらい
「入学出来てよかった」と
思うことがいっぱいです。


学習環境、先生方、先輩、
そして本当に同級生にも恵まれてます。


前述の水泳大会。
競争心皆無だった息子が、
「絶対1位とる!」
とらないと同じ部活の子に
怒られるから、と言ってました。
その子は違うクラスなので、
クラス対抗の大会なので、
うちの息子はライバルなんですが
そうやって叱咤激励してくれるんです。

 


これから、そういった環境で、
どんなことを経験し、
どんな風に成長していくのか、
本当に楽しみ・生きがいです!
↑親バカ


失礼しました・・・

この度の西日本豪雨により

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

たくさんの方が命を落とされ、

とても悲しい思いです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

また、被災地にて、救助復旧されている方々の

ご尽力に対して厚く感謝申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

京都でも早くから雨がずっと降っていて、

自分の住んでいるところは

山も川も遠いところなので、

ただ、息子の通学路にある桂川が

5年前のように氾濫しないかを心配していました。

5日の夜に、自分の学区の土砂災害警戒区域に

避難指示(緊急)が発令されたものの、

そこまで危機感はなかったのですが、

そのあとくらいから、各地の被害が

テレビやネットで報道され始めました。

 

こんなに大きな被害になるなんて

 

5日に交通機関が乱れはじめ、

子どもたちの学校ではテスト期間中でしたが、

始業を遅らせ、午後は休校。

6日7日も臨時休校となり、

予定していた大学の体験入学も中止。

いつもとは違う状況でしたが、

今日から、本当に何もなかったかのように

通常の日常が始まりました。

 

当たり前に水や電気が使えること、

これまでと同じ日常が送れること、

感謝しなくてはいけないと思います。

 

自然災害は本当に怖いです。

たまたま今回は難を逃れられただけ。

 

被災地ではまだまだこれからが

大変だと思います。

どうか本当に一日も早い復興を

お祈りするばかりです。