この度の大阪府北部を震源とする地震で

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

 

京都も、体感では阪神淡路大震災のときより

短時間だったものの、かなり揺れて、

家族を送り出した後、家に一人でしたが、

壁の額の揺れをにらみながら「さぁどうする」と

ぐるぐる考えました。

 

揺れが止まって、電車で通学している子どもたちにすぐ連絡。

娘はすぐに連絡がついて、安心。

運よく、電車の出発待ちで、即座に学校からも休校の連絡があり、

無事運行してた地下鉄ですぐに帰ってこれました。

 

問題は息子。

JRで通っているので、ギリギリ電車に乗っているのではないか、

LINEも既読がつかない、電話もとらない、

どうなってるの!

と心配しているところに学校から休校の連絡。

中学生は学校で基本的に携帯の使用が禁止されているので、

通学途中や学校では携帯を触らないようにしています。

緊急事態に学校側が無事登校してる子に

携帯の使用許可を出して下さったようで、

一呼吸おいてから連絡が取れました。

後から聞いた話、電車を降りてすぐだったようで、

もう一本遅かったら、電車でしばらく缶詰状態。

 

ただ、JRも、最寄りの阪急も動いていない。

うちの車はパンク中だし、高速閉鎖で一般道はダダ混み…

どうやって帰らせたものか、と思案していたら、

実両親が(うちより学校の近く)迎えに行ってやる、とのこと!!!

近所の同級生も一緒に無事お昼過ぎには帰ってこれました。

 

こんなに交通網がマヒすることも経験したことないし、

おまけに校区外(徒歩圏外)に子どもが通ってる。

大きな余震(本震)があるかも、と言われている中、

家族の安否が目視できる範囲にない日中は

本当に怖くてたまらない。

夜、布団に入っても、自分の鼓動で揺れているのか

止まっているのかわからない。

 

実際に亡くなられた方もいらして、

また、怪我をされたり、

Yさんもご自宅で食器が割れて呆然としている、と

おっしゃってましたが、住まいに被害があったり、

ライフラインが止まっていたり、

避難されていたりする方々は

途方もない不安でいっぱいだろうな、と思います。

 

今回、本当に運よくうちの子たちは

大きく困ることなく無事に帰宅できましたが、

もしもの時はこうしよう、

電車ではこう心がけよう、と話をしました。

 

地震も豪雨も、

人間の力ではどうしようもありませんが、

せめて、こうしておいたらよかったなぁと

後悔しないように出来る限りの防災をしたいと思います。

 

 

------------------

 

 

そして、不謹慎ですが、宣伝です。

Facebookページを作成しました。

https://www.facebook.com/peascod15/

 

個人のアカウントも2年ほどほったらかしだったのですが、

Facebookページを作ろうと、やはりほったらかしに

してしまっていました。

 

今回の地震でFacebookの知人の安否(状況)を

確認するのに久しぶりに開いて、

みんな元気だったので、安心して

ついでに開設した次第でございます…

 

ブログを更新しました、などの

お知らせになると思いますが、

ぼちぼち使い分けしていけたらなぁと
思っています。

コメント
コメントする