この度の西日本豪雨により

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

たくさんの方が命を落とされ、

とても悲しい思いです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

また、被災地にて、救助復旧されている方々の

ご尽力に対して厚く感謝申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

京都でも早くから雨がずっと降っていて、

自分の住んでいるところは

山も川も遠いところなので、

ただ、息子の通学路にある桂川が

5年前のように氾濫しないかを心配していました。

5日の夜に、自分の学区の土砂災害警戒区域に

避難指示(緊急)が発令されたものの、

そこまで危機感はなかったのですが、

そのあとくらいから、各地の被害が

テレビやネットで報道され始めました。

 

こんなに大きな被害になるなんて

 

5日に交通機関が乱れはじめ、

子どもたちの学校ではテスト期間中でしたが、

始業を遅らせ、午後は休校。

6日7日も臨時休校となり、

予定していた大学の体験入学も中止。

いつもとは違う状況でしたが、

今日から、本当に何もなかったかのように

通常の日常が始まりました。

 

当たり前に水や電気が使えること、

これまでと同じ日常が送れること、

感謝しなくてはいけないと思います。

 

自然災害は本当に怖いです。

たまたま今回は難を逃れられただけ。

 

被災地ではまだまだこれからが

大変だと思います。

どうか本当に一日も早い復興を

お祈りするばかりです。

 

コメント
コメントする