行き場がないので聞いてください(笑)


息子の学校で、水泳大会がありました。
なんと、個人種目で1位をとりました!
さらに大会新記録だったそうで、
嬉しそうに表彰状を2枚持って帰ってきました^^


息子は水泳部で、部活内に同じ学年には
京都で1番の子や速い子が何人もいるんですが、
運よく別種目!
多分今回が最初で最後に
なりそうなので、自慢しときます!


プールを廃止する学校も多い中、
クラス対抗水泳大会で
子どもたちが団結するのは
ステキだと思います!


私みたいにプールが嫌で、
中学生時代3年間で2回しか
プールに入らなかった者には
想像つかないですが(笑)


素直で一所懸命な子が多くて、
尚且つ自立してるというか、
学校のスタイルもあると思いますが、
小学生の時の塾の先生が
おっしゃっていた通りの校風で
いい環境だと思っています。

 


息子の学校、いろいろ面白いんですが、
学校見学のときに色々驚いた中に
美術がありました。


生徒の作品が展示されてたのですが、
美術部の作品かと思ったら、
授業での作品だとか。
授業でやってるのに、妙にレベルが高い。
決して必修教科が緩いわけではないのに、
こんな作品作る時間あるの?
って印象でした。


入学して納得。


美術の保護者向けのプリントに、
学校での美術の位置づけ、
教科の先生の意気込み。
他の保護者さんはどう感じたか
わかりませんが、
美術を専攻してきた私には
この環境に息子を置ける!と
嬉しく思いました。


実際授業でも、
1学期からデッサンやってます。
美術系大学の1年生か(笑)
いえ、中学1年生です。
絵を描くのが好きな息子は
とても授業が楽しいそうです^^


驚いたのは期末テスト。
記述の範囲は「仏教美術」。
(学校は無宗教です)


テスト資料みると、
私が美術高校1年のときに
教えてもらったくらいの
コアな内容(まだ当時の資料あります)。
これ中1の美術か…?
しかも仏教系学校の姉(娘)も
知らないようなことも色々(笑)
テスト回答には「降三世明王」の文字も。


そして、記述の後にデッサン!
実技です!!!


イマドキはそんな感じなんでしょうか?
娘の学校では少なくともなかったですが…


息子は用意していた鉛筆が折れて、
シャーペンで挑んだそうですが、
まずまずの評価を貰えました^^

 


音楽は授業参観で見ましたが、
とても楽しく、内容の濃い授業でした。


技術は今は立体視。
平面図、立面図、側面図など。


体育は1学期は前述の水泳がメイン。

 


自分が30年以上前に受けた授業と
違うのはもちろんですが、
割と近くで娘の学校生活も
知っているだけに、
副教科がすごく充実していて、
ただ勉強するだけ、と違って、
実感を伴う、というか
クラスづくりや必須教科に
繋がっていく構造になってるのが
面白いと思っています。

 


前述の塾の先生と
志望校の相談をしていた時、
先生にこちらが提案する学校は
どれも「う〜ん」という感じでした。
理由は、
「進学率を上げたがっている学校は、
詰め込みと、そのため
授業内でできない演習を
すべて宿題でまかなう。
なので、大量の宿題が出されて、
ただそれをこなすだけになってしまうし、
できなければ落ちこぼれていく。」
(上の子で大いに実感)
「(息子)の性分でいくと、
そういう学校は合わないし、
個性を潰してしまうと思う」
とおっしゃってました。


今の学校は、息子が学校見学の際に、
プールに一目ぼれだったのですが、
学力的にも経済的にも無理だなぁと
思いながら、塾の先生に相談したところ、
「すごくいいと思います!」
と言われてビックリしました(笑)
「おじいちゃんおばあちゃんに
援助してもらったりでも」
とまで言われ(笑)


結果、入学して、
ここでたくさん書いたにもかかわらず、
まだまだ書きたいくらい
「入学出来てよかった」と
思うことがいっぱいです。


学習環境、先生方、先輩、
そして本当に同級生にも恵まれてます。


前述の水泳大会。
競争心皆無だった息子が、
「絶対1位とる!」
とらないと同じ部活の子に
怒られるから、と言ってました。
その子は違うクラスなので、
クラス対抗の大会なので、
うちの息子はライバルなんですが
そうやって叱咤激励してくれるんです。

 


これから、そういった環境で、
どんなことを経験し、
どんな風に成長していくのか、
本当に楽しみ・生きがいです!
↑親バカ


失礼しました・・・

コメント
コメントする